手軽で経済的

勉強

宅建資格の合格に向けて独学という選択肢を取る方は少なくありません。費用的に通学タイプの10分の1程度に抑える事も出来るので非常に経済的です。また、自身のペースで丁寧に学んでいく事が出来るので実務にも活かしやすくなっています。

自宅で資格取得の勉強

婦人

宅建では、独学というスタイルで取得を目指すことも出来ます。このような場合は、使用するテキストの選び方が重要です。内容やレベルをチェックし、購入を決めると確かです。専門学校が編集したテキストなら、大体において効率の良い学習が出来ます。

不動産取引のプロの資格

勉強する人

学校に通わずに資格を取る

宅建とは宅地建物取引士の略称です。宅地建物取引士資格試験に合格し、登録した後に証明書の交付を受けた人のことを言います。宅建の資格を持っているということは、不動産に関わるすべてのことに精通したプロフェッショナルの証であると言えます。宅地や建物の売買、賃貸などの業務を行う会社において、宅建の資格は非常に重要です。従業員数に応じて、決められた人数の宅建所有者が必要と法律で定められているからです。このように、不動産会社や建築会社、住宅メーカーなどにおいて宅建所有者は重要であるゆえに、手当などの面で優遇されることもあります。また、転職時に有利になることも多いでしょう。そのような理由から、宅建の資格は大変人気のある資格の一つとなっています。しかし、膨大な量の法律や事例などを覚え、判断することが求められる資格試験は決して簡単なものではありません。もちろん資格学校に通う人もいますが、受験者の大半は社会人であることを考えると、そのような時間もなかなか取れずに独学で試験に挑む人は多いでしょう。簡単な試験ではないため、独学で合格するには大きな努力が必要とされます。しかし、しっかりと計画的に勉強を進めることで、独学でも合格することは可能です。その方法を挙げてみましょう。まず、むやみにテキストを用意しないことです。テキストの中身はどの出版社のものでも大差ありません。自分が分かりやすいと思うものを選びましょう。また、過去10年分ほどの過去問題集も同様に用意しましょう。そして、どの分野も偏りなく、しっかりと勉強することが大事です。できれば毎日勉強することが望ましいですが、仕事をしている場合それも厳しいと言えます。その場合、通勤の電車内、昼休みの一部など、数十分を勉強に充ててください。その独学の積み重ねが、数ヶ月後に合格という実を結びます。

不動産関連の人気資格

模型を持つ人

宅建はビジネスパーソンの間で非常に人気の高い資格であり、毎年たくさんの受験者があります。受験勉強の方法は多種多様で、スクールに通うだけでなく独学も可能です。仕事の合間を縫って自分なりのペースで勉強したいなら独学が便利です。