手軽で経済的

勉強

数千円から試験対策可能

宅建は毎年、20万人近くが受験をする国家資格の中でも人気の資格です。不動産ビジネスの現場で必要不可欠となる事から特に社会人になってから取得を目指すという方が多くなっており、20代から40代で大半を占めています。なお、宅建資格の合格に向けては大きく3つの手段を取る事が出来る様になっており、資格学校に通って勉強を行う、通信講座で添削を受けながら勉強を行う、そして、独学で勉強を行うというパターンがあります。選択肢は様々ありますが、仕事をしながら資格取得を目指す人が多い資格という事もあり、宅建資格取得に向けて独学で学ぶという選択肢を取る方も少なくありません。その独学で学ぶ最大のメリットと言えるのが費用を抑える事が出来る点といえるでしょう。通学タイプの場合、10万円を超えるケースが多くある程度費用に余裕がある方で無いと気軽には選択する事が出来ません。同じく、通信講座タイプの場合は通学タイプの半額程度となる事が多く、5万円前後となるのが一般的です。この様に資格学校に通ったり、通信講座を受講する選択肢を取ると決して安くは無い費用がかかってきます。一方、独学で学ぶ場合、最低限、参考書程度で済ませる事が出来るので数千円で済ませる事が出来ますし、人によっては先輩のお下がりなどを利用して限りなく費用を少なくして試験に臨む事も出来るのです。また、宅建は実務に直結する資格なので、合格そのものを目的に勉強をしてしまうと後々、実務で活きない知識ばかりが身についてしまいます。合格させる為に練り上げられたカリキュラムに沿った勉強ではなく、自分自身で1つ1つの項目を丁寧に学んでいく事が出来るというのも独学のメリットであると言えるでしょう。