不動産関連の人気資格

模型を持つ人

自分に合った勉強方法を

ビジネスに直結する資格は数多くありますが、その筆頭格と言えるのが宅建です。宅建は不動産取引業界には欠かせない国家資格ですが、不動産の評価や取引の実務、関係法令等に関する専門知識の持ち主として、その他の業種でも幅広く活躍できます。そのため、キャリアアップを目指して毎年たくさんの人が宅建試験に挑戦しています。宅建の受験勉強をするための手段は豊富にあり、多くの専門学校や資格スクールが受験対策講座を開講しています。一方、独学者向けの参考書や問題集などもいろいろな種類が出回っています。合格を目指す際に通学と独学のどちらがいいのかというのは大きなテーマですが、過去の合格者に関する統計を見る限りでは、極端な有利不利というのはありません。むしろ自分に合った学習方法を選ぶことこそが合格の早道であると言えます。通学講座については、時間に比較的余裕がある人に向いています。多くの講座では週1〜2回の授業で6か月〜1年ぐらいの受講期間を設定しています。これに対し、独学の場合は学習の頻度も期間もすべて自分が自由に設定できます。参考書を読むだけなら通勤電車の中でも可能なので、限られた時間を有効に使って勉強したい人向きであると言えます。この両者の違いは、カリキュラムにも表れます。通学講座の場合は、基本的にスクール側が時間割を定め、受講者はそれに従います。そのため、専門家にすべてを任せておけるという安心感があります。一方、独学の場合はより主体的、より自律的な学習態度が求められますが、理解の難しいところで立ち止まったり、反復学習の量を増やしたりといった調整が自由にできます。